【人気商品!】 APEX完成車 JARI1.3(ジャリ1.3) FUJI(フジ) 2019-ロードバイク

【人気商品!】 APEX完成車 JARI1.3(ジャリ1.3) FUJI(フジ) 2019-ロードバイク。


FUJIのアドベンチャーロード「JARI」

2019年モデルは新たに4モデルのラインナップとなってリリース。
JARIはその名の通り日本語の砂利から取ったもの。製品化するまでに6種類のプロトタイプを試作してテストを繰り返した思い入れの強いモデル。ショルダーパッドについてはトレイルに入った際に走行不可能なエリアに差しかかって、バイクを担いで長い距離を歩いた時に思いついたし、BENTO BOXマウントについてはベルクロオンのタイプが現在主流だが、今後ボルトオンタイプが続々とリリースされるのを見越したスペックインになっている。
BBスペックはかなり迷ったけど、メンテナンス性の高さや多くのショップが常備しているであろうパーツということで、緊急時の問題解決がしやすいBSAを最終的に選んだ。
積載性を重視しているのでフレーム強度はかなり高く、その分重量はアルミフレームの中では平均的。様々な用途に柔軟に対応出来るマルチパーパスバイクということもあって、我々はこのバイクをスイスアーミーナイフ(十徳ナイフ)と呼んでいる。全グレードのハンドルにはこのバイクのために特別に作られたOVALのアドベンチャーバーを採用。ライダーの手首の角度を最適化しドロップ部分をより有効的にする為に一般的なロードタイプより20mm幅が広く、125mmドロップ、4度バックスウィープ、25度アウトスウィープ仕様となっており未舗装路でのバイクコントロール性が向上。全グレードのタイヤにPanaracerのグラベルキングを採用。
衝撃吸収性はもちろん、その軽さと耐久性が魅力で長距離走行でも疲れにくい仕様になっている。あと密かにアピールしたいポイントが高速巡航性の高さ。フレームのリアセンターが長いこともあり加速性能は平均的だが、ロングホイールベースと低いBB位置による低重心のおかげで、高速域での速度キープが比較的容易になっている。直進安定性も高いのでシビアなバイクコントロールを必要としないのも長時間走行には大きなメリット。

1.1~1.5グレードはフレーム、フォークが全くの同スペックで、フレーム素材は剛性の高いA6-SLを採用している。
最上位グレードの1.1はシマノ新型105の油圧ディスクブレーキ仕様、1.3グレードはSRAM APEXの1×仕様となっている。
1.5グレードはシマノTiagraコンポのエントリーグレード仕様となっている。

【人気商品!】 APEX完成車 JARI1.3(ジャリ1.3) FUJI(フジ) 2019-ロードバイク。

宇崎日新 闘龍 20V 2407(東日本店)

【人気商品!】 APEX完成車 JARI1.3(ジャリ1.3) FUJI(フジ) 2019-ロードバイク

弊社は仙台市を中心に活動するホームページ制作の会社です。

ヤマガブランクス アーリープラス 81M ワインド【お取り寄せ商品】【大型商品】

【人気商品!】 APEX完成車 JARI1.3(ジャリ1.3) FUJI(フジ) 2019-ロードバイク。

弊社ではホームページ制作以外にも、

  • カタログやパンフレット、名刺などの紙媒体に関するDTP制作

シマノ(Shimano) ボーダレス 340M-T /磯竿 防波堤竿 万能竿

ご相談・御見積り無料です!

【ダイワ】アナリスター64 80-300船竿 ダイワ DAIWA ダイワ 釣り フィッシング 釣具 釣り用品